● 代官所の門(広芝邸)

   銀山の中心街、本町通りにあります。明治の初めに銀山役所を廃止した際、門だけが広芝邸の門として移築されました。当初の門は馬に乗ったまま通れるほど高いものであったと伝えられていますが、移築の際低くされました。

 広芝は、銀山に古くからある地名でもあり、秀吉時代広芝陣屋として重要な役割も担いました。

代官所の門(CG合成によるイメージ画像)

<青木間歩>

  唯一、坑道内を体験できる間歩です。

見学時間:9時〜17時

12月29日~1月3日は休み

多田銀銅山は、平成19年度経済産業省「近代化産業遺産」に認定されています。