● 天澤寺

 奈良時代に高僧行基が開いた、楊津院(やないづのいん)の後身と伝えられています。
 東大寺の大仏建立等につくした行基は、伊丹の昆陽寺をはじめとした四十九院を建てていますが、楊津院もその一つです。
 境内の石灯籠には応永10年(1403)銘が入っています。この時期の石灯籠としては県下でも稀な例であるため兵庫県指定文化財になっています。

(猪名川町役場H・Pより抜粋)

 

石造の灯篭


<青木間歩>

  唯一、坑道内を体験できる間歩です。

見学時間:9時〜17時

12月29日~1月3日は休み

多田銀銅山は、平成19年度経済産業省「近代化産業遺産」に認定されています。