●銀山ゆかりのお土産

 多田銀銅山にちなんだお土産が「いながわ道の駅」他の場所で販売されています。『多田銀銅山』へお越しの記念に最適です。

 

『埋蔵金 四億五千萬両』

(川辺酒蔵有限会社)

 豊臣秀吉は晩年、多田銀銅山の21ヶ所の間歩に、大坂城にあった莫大な金品を埋蔵したと伝えられる。その額は4億5千萬両(現在のお金で約200兆円と言われる)。

 

 純金箔入りの名酒は、まさに日本一の埋蔵金にふさわしい味わいです。

 

 

 

 

 

純米酒 『多田 銀山』

 (川辺酒蔵有限会社)

 

 

『鉱石物語』

(和菓子処『うませ』)

 色とりどりの鉱石をイメージして作られたゼリーのお菓子は、まるで宝石のようです。見た目にも楽しくなります。

銘菓 金小判』(和菓子処『うませ』)

 厳選された餅米を、伝統的な製法で焼き上げた「ふやき煎餅」に、和三盆糖で引蜜を施しています。香ばしい風味とやさしい甘さが織りなすハーモニーをぜひご堪能下さい。

 秀吉ゆかりの「千成瓢箪」が目印です。

<青木間歩>

  唯一、坑道内を体験できる間歩です。

見学時間:9時〜17時

12月29日~1月3日は休み

多田銀銅山は、平成19年度経済産業省「近代化産業遺産」に認定されています。