● 学習会を開催 2018年8月25日(土)

テーマ「寛文期の多田銀銅山について」

  講師:後藤正春氏(元須磨学園高等学校教諭・アジア探訪研究所)

幕府直轄の直山で最盛期の多田銀銅山についての勉強会でした。

 

鉱山の労災とも謂われた眼病についてのお話もあり、聴講されていた方々は熱心に聞き入っていました。

<青木間歩>

  唯一、坑道内を体験できる間歩です。

見学時間:9時〜17時

12月29日~1月3日は休み

多田銀銅山は、平成19年度経済産業省「近代化産業遺産」に認定されています。